頻尿によってトイレが近くなると、生活の様々な面で悪影響が出てきます。
尿のことばかりが気になって仕事に集中できなかったり、外出するのを躊躇してしまいます。
尿が我慢できないという症状には、さまざまな要因が考えられます。
たとえば、骨盤底筋の緩みにより骨盤底のバランスが崩れると、排尿排便の制御が上手く出来なくなり頻尿を引き起こします。
この骨盤底筋を鍛錬すれば、トイレを我慢出来るようになり、頻尿の改善に繋がります。
骨盤底筋とは、骨盤底を構成する4つの筋のことで、深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋があります。
骨盤底筋体操ですが、やり方は簡単で、自宅でも外出先でも一人で簡単にすることが出来ます。
女性の場合は、膣を意識的に締めたり緩めたりして、膣圧を鍛え、排尿のコントロールが可能となります。
膣に指を入れて、膣を素早く縮める動作や、ゆっくり縮める動きを練習すると、どの程度の力でどのくらい締められるのかがわかります。
ゆっくりと締めた状態で5秒間我慢することを5回、急に締めて、同様に5秒間我慢することを5回毎日繰り返します。

頻尿サプリのランキングを知りたいならこのHPが参考になります